退職後どうしようか思案中

ふたりめ育児休暇後、職場復帰しましたが、いろいろ考えることがあり、退職を決めました。

肩の荷が下りたような安堵感、退職後何をしようかというウキウキ感と同時に安定収入を失う不安感、社会から今後必要とされるのかなどいろいろな思いがせめぎあっています。

まだしばらくは仕事が続きますし、有給もかなり貯まっています。

まずは有給消化期間の過ごし方について、あれこれ考え始めています。
約2ヶ月ありますので、この期間は自己啓発になることをしようと思います。

復職してみて感じたのはパソコンスキルの低さ。バージョンが変わったのも手伝い、余計にわからなくなりました。

職安や商工会議所などで無料や格安な講座があるようなので、通ってみるつもりです。

それから、着付けをもう一度習いたいです。3年前に着付け教室に通い、なんとか着れるようになりましたが、着物を着る機会がなくなると、着付けを忘れてしまいました。
仕事をしていると、なかなか着物どころじゃなかったですが、たまにお茶会出席の機会もあったのでやはり着付けができればいいなと思います。

そして、次はこどもや主人に負担をかけない働き方を選びたいと思います。chinainnercity.com

秋の気になるものたち

秋になりつつあります。
秋の流行りのファッション、食べ物、気になります。
ファッションは、テラコッタがはやっているのでわたしもトップスを購入しました。
トップスは1000円ほどでも売っているので、色違いで欲しくなってしまいます。
スカーチョ、ガウチョなんかも引き続き人気があります。プリーツスカートも人気がでてくる予感がします。
体型をカバーしてくれるのでありがたいアイテムです。
ファーサンダルも新たに流行ってきています。
足元がモコモコしていてかわいいです。
これはまだ購入していないので、見に行きたいと思っています。

秋になると限定商品、たくさんでますよね。
栗やいもが特に多いように感じます。
コンビニにもたくさんの限定スイーツがあります。お店に負けないくらいコンビニのスイーツ、おいしいですよ。年々レベルが上がってきている気がします。
女性は期間限と言う言葉に弱いですよね。
ついつい買いたくなってしまうものです。http://www.valkenstore.com

ヴィンテージのボタンがすごく今気になっています

今までセレクトショップなどでたまにヴィンテージのブランド物のボタンなどをよく見かけては何でこんなものが売っているのだろうと不思議に思っていました。
確かにさすがにブランド物だけあってボタンといえどすごくかわいいですし、インテリアとしても置いていていいのかもしれませんがやはりボタンだけでは使い方が私には見つけることができませんでした。

それが最近アクセサリー作りが趣味の友人に聞いたところとてもかわいいアクセに変えることができると知り、その使い方にとても驚いてしまいました。
単純にチェーンに通すだけでネックレスになるのは当たり前ですが、パーツと組み合わせればピアスやブレスレットにもなります。
一番かわいかったのは革ひもと一緒に編み込んだブレスレットで、その異素材の組み合わせがすごく新鮮で私好みでした。

今まで見向きもしなかったのに使い方を教えてもらったとたんにすごく素敵なものに見えてきて今は見かけるとすぐに手を出してしまうようになってしまいました。
アクセサリーにするときはボタンだけでなくパールやリボン、ターコイズなどほかの素材と組み合わせながら使っていくとよりそのヴィンテージボタンの良さが引き立ち、またそれを使う楽しさを実感できるので今は色々と試すようにしています。
これからもいろんなお店を巡って新しいボタンをGETしていきたいと思います。ヒゲ脱毛での副作用は気にする必要はありません

お料理は休みの日にまとめて

ストレス発散にお料理を作るタイプです。

でも、ひとり暮らしなので、食べきれる量には限界があるんですよね。
だからいつも、ジップロックが必需品です。
沢山作ったら、ジップロックに小分けにして、冷凍しちゃえばいいんです。

たとえば、カレー。
わたしはスパイスも何種類か使って、骨付きの肉でだしをとって、
わりとエスニックで本格的なカレーを作るのが好きです。
これももう、ジップロックに入れて冷凍してしまいます。

もちろん普通のルーで作ったカレーも冷凍します。
気を付けるのは、ジャガイモを入れないこと。
冷凍すると食感が変わってしまう具材はいくつかあるので、そういうのは気を付けています。
ゆでたまごなんかもそうですよね。

あと、パスタもよく作って冷凍しています。
冷凍食品にもパスタってありますよね。
じゃあ、自分で作って冷凍してもいいんじゃないかと思って試してみました。
今は桜えびときゃべつのペペロンチーノを冷凍しています。

ストレスは発散できるし、平日忙しいときに料理しなくていいし、一石二鳥です。顔色が悪いと言われたので使っています

彼氏がニューヨークに引っ越した

私はめちゃアホなんだけど、彼氏はすごく頭が良い。
「レイトン教授」で困ったら、いつも助けてくれる。私が考え込んでも解けない謎をスイスイ解決してくれて、本当にすごいと思う。そして誰よりも頼りになる。
だけど常識感が薄い気がする、少し個性的というか…。
表情が乏しい、あまり笑わない。
サイトで知り合って、メールのやりとりを続けて会ってみて、交際が始まってから彼が大学の先生だと知った。「准教授」らしい。「レイトン教授の助手みたいなやつ」と説明してくれた。ルーク?
そして時々「学会でスペイン行ってくる」とか、
「この写真に映ってる夜景めちゃキレイどこの?」と聞いたら「フィレンツェ」とか、「ドイツに行ってフィンランドで乗り換えたからお土産のムーミンね」とか、よく分からない、耳慣れないことを言ってきた。
交際五か月目「俺一年ニューヨークに行ってくるわ、帰ってきたら結婚しよ」と言った。は?ニューヨーク?住むの?なんでも外国で一年間研究や勉強をさせてくれる制度らしい。「嫌だな、飛行機降りた瞬間病気になりそう」と言いながら彼氏は旅立った。それから連絡は毎日ラインで取った。13時間の時差があって、こっち朝だとあっち夜だから長い話は週末にスカイプで。彼氏が設置していったモニターは、壁に貼ってある手順を見ながら操作できた。彼氏が引っ越した家賃18万円の部屋は10畳ぐらいのワンルームで「換気扇口から隣の外人の歌が聞こえる」と言っていた。「フライパンで肉焼いたら火災報知器鳴るし、部屋はエアコンがんがんで鼻くそカピカピの常夏やし、食う物ないし、だし汁飲みたい、ひもじい。早く帰りたい」とパニクるので、時々味噌汁を送った。国際便すげっ。
「今日な、道歩いてたらデッカイ黒人が俺のCD買えって言ってきて怖かったから一枚だけ買った。ビックボブと書いてた、聞かずに捨てた」と落ち込んでいる日は「ビックダディじゃなくて良かったね」と励ました。「ゴキブリが信じられないくらいデカイ」とか「公園にリスおる」とか「卵を生で食えん」とか、真夜中に来る彼氏からのラインが少しウザくなってきた頃、彼氏があっちで通っている「コロンビア大学」をググってみて、超カシコ大学と知った。つか、なんであの人は私と付き合ってんの?もっとマシな品の良い綺麗な人と付き合ったらいいのに…なんか疲れた。そう思って彼氏のラインを既読スルーすると「捨てないで…」と週末スカイプで荒れるので更に面倒臭くなった。
結局九月に行って「年末年始」と「ゴールデンウィーク」と「盆休み」と私の休みに合わせて帰ってきて、休み中ずっと私のウチにいた。そして八月末にニューヨーカーを辞めて帰ってきた。「約束通り結婚して欲しい」と言われたけど、結婚式は面倒だし挙げたくなかったから「写真だけにしてくれるならいいよ」と私は条件付きで承諾した。こんなネクラな私のどこがいいんだろう…。この際気になっている事を聞いておこうと「どうして私と?」と質問すると「この世で唯一、僕とコミュニケーションが取れる女性だから」なるほど、納得。化粧のノリが良くなりました

夏の暑さは今後どうなるのだろう

今年も暑い夏でした。8月の時期は35度を超えることがあたりまえになっている地域もあります。考えてみると昔は30度を超えると今日は暑いなあと言っていました。今は35度を超えると今日は暑いなあと言っています。基準が5度もあがっているんです。地球の将来が心配です。原因は二酸化炭素の排出が増え、オゾン層が破壊されていることでしょう。国際的な会議で二酸化炭素の排出を減らそうとは決めていますがどこまで実現できるのやら。夏の外での労働は極めて過酷です。警備員さんや大工さんなどいますが、もう大変です。建設関係の労働者が不足しているといいますが、なんせ夏がしんどいからでしょう。正直、真夏の昼間に外で労働するのは過酷すぎますので時間帯をずらして労働できるようにしてあげてほしいです。でもいろんなかねあいでそれは難しいんでしょうね。労働基準法がありますし、日本は法律にうるさいですからね。夏は昼間は家ですごし夜や早朝を活動するように日本全体がなれば夏も快適に過ごせるのですが、無理でしょうね。omoideshokunin.com

いまさら、アイドルにはまるアラサーの戯言

暇つぶしに、動画サイトを見ていた。昔懐かしいテレビ番組がアップされていて、思わずその懐かしさに、見入ってしまった。
当時大ファンだった関西二人組のアイドルだった。
当時私は小学生で、彼らが載っている雑誌に限られたお小遣いを全て投資し、テレビ番組は全て録画していた。
あれから20年経っていた。
高校生の頃には、「高校生にもなってアイドルが好きとかダサい」と思い始め、自然とフェードアウトした。
それが、最近になってたまたまみた動画をきっかけに、再び彼らにはまってしまったのだ。
彼らを追いかけていなかった時期のテレビ番組を動画サイトで全て見ることができた。
彼らのコンサートはファンのブログでその内容を知ることができた。
オークションで、彼らのコンサートDVDを片っ端から購入した。
そうやって彼らを見始めて、小学生の頃には見えなかった「職業としてのアイドル」という視点で見てしまうことに気がついた。
彼らは「アイドル」としての仕事は幾分放棄しているように感じる。
それは、決して悪いことではない。それが彼らの特色なのだ。
農業アイドルと呼ばれるアイドルグループもあるし、ダンスや演技に長けているウルトラマンや軍師官平がいるアイドルグループもある。
他と同じことをしていても売れない。そういわれて育った彼らが選んだ道は、エンターテイナーとしての道だった。
その例が顕著に現れたのが、この夏の発売した新曲のパフォーマンスだ。
この曲は、彼らの36枚目のシングルで、同じくこの夏復活した、イエモンの吉井和哉が提供した楽曲だ。
この事務所のアイドルと言えば「ダンス」だったイメージを完全に裏切る形となった。
舞台で培ったアイドルを超越したダンスパフォーマンスと同じくソロ活動で培ったギター演奏によるプロモーション。
二人組みだからこそできる対照の表現。
歌詞からカルメンを髣髴とさせ、ギターと踊り子のイメージは容易に想像できるにもかかわらず、それを踊って当然のアイドルがやった。
それが、世間に少なからず衝撃をあたえた。
もちろん、それはファンも同じだった。
ファンが「当たり前」だと思っていることを、ことごとく裏切り続ける。
それは、いい意味でも悪い意味でも。
お手フリ(ファンに向かって手を振ること)でファンを喜ばさせるのではない。
パフォーマンスでファンを魅了する。
そう語る彼らは、20年のときを経てアイドルという職業ではなく、エンターテイナーという職業で一流になったのだろう。www.akamaiproperty.com

自衛隊のあり方、戻るべきか、進むべきか

みなさん、自衛隊をどう思いますか?

私は自衛隊は絶対に必要だと考えています

いろいろな意見としては、自衛隊を廃止すべきだとの意見もありますが、私はそんなの言語道断です

だって、「国が軍を持たない」っておかしいと思いませんか?

逆に、「国が軍を持って当たり前」じゃないんですか?

回りに国がないのならまだしも、隣に中国や韓国や北朝鮮など国があるのに、「軍はいらない」って何故言えるのでしょうか?

いえ、まだ「軍はいらない」なら良いです、「自衛隊」なのですから軍ではありません(他国では軍と見られてるようですが……)

しかし、その自衛隊でさえも必要ないと仰る方がいることも事実です

少し辛辣かもしれませんが、一体何を考えているのか、私には全く分かりません

政党である共産党は、とある議員が自衛隊を暴力装置だと言い放ち、とある議員が、工科高等高校は人を殺す訓練をしているとまで発言しました

正直、自分達の生活が何によって守られているのか分かっていないようです

それ抜きにしても、共産党は昔から公安からマークされている組織ですので、信用などこれっぽっちもありません

自衛隊は必要です、国を守るために、人々を守るために日々訓練している隊員の方々に敬意を表しますhttp://www.tidenefter.com/

禁煙外来 初めての禁煙

私は昨日、禁煙外来に行ってきました。今日からチャンピックスという薬で禁煙治療開始となります。最近、息があがるのと、咳が身体症状に出ていて、おまけに金食い虫で月に20000円程かかるので禁煙を決意し、禁煙外来に行った運びになりました。禁煙外来では看護婦さんによる問診と一酸化炭素を測定してどれくらいのスモーカー度を検査するのです。私は日に30本〜35本吸うんですが、検査の結果超ヘビースモーカーと言う結果が出ました。そして先生と相談と説明があります。今回の禁煙は比較的新しい薬、チャンピックスと言う薬で禁煙治療をしていきましょうとのことです。期間は12週間です。それ以上になると、自由診療となり保険が効かなくなると言うことです。私は今日、すでに13本タバコを吸ってるので、本当に禁煙出来るか不安です。チャンピックスというお薬は、ダバコを吸った時に出る快感物質のドパミンを少量分泌してくれるらしいです。あとはタバコを不味くする効果があるとか。とりあえず頑張ります。諦めていたむくみやすいフェイスラインを改善できます

昼間は私の時間!週末にまつわる会社員と主婦の違い

会社員時代は毎週末をとても心待ちにしていました。
でも主婦になるとそれがだいぶ変わります。

私は平日の昼間に夫や子どもが出かけて家が静かになる時間がとても好きです。
洗濯物を干したり掃除機をかけたりするのも、自分のペースで行うことが出来ます。
お昼も自分の好きなものを自分の好きなタイミングで食べられます。

しかし週末になると夫や子どもに翻弄されっぱなしです。
「お茶をくれ!」とか「お菓子が食べたい!」とか「DVDが観たい!」とか、
みんなひたすらワガママを私にぶつけています。
お昼の時間を迎える頃、早くも私はグッタリしてしまうほど。

それでも食事を与えないわけにはいかないので、ちょっとイライラしながら料理を始めます。
週末のお昼ご飯はだいたいパスタや焼きそばを作ることが多いです。
失敗することが少ないメニューですが、それでも作っている途中に
「ママうんちー!」とか「リモコンはどこだー!」などと言われいちいち中断されると料理の率が下がります。
そして味について文句を言われた時にはさらに疲れが増すのです。

だから、平日の昼間は自分のために使って良い時間ということに決めました。
昨日は前から気になっていたDVDを借りてゆっくり観ることが出来ました。
それを初めてから週末に家族から言われるワガママを、だんだんと受け入れられるようになった気がします。